埼大ラブライブ!~After School Activities~

非公認サークル、埼玉大学LoveLive!研究会員によるブログです。

「スクフェス感謝祭」に参加してきました~抄録~

こんばんは。今日がスクフェス感謝祭三日目だと思い込んでいる管理人です。この記事を書いて、ようやく自分のスクフェス感謝祭に幕を下ろすことができます。

さて、今回のスクフェス感謝祭ですが、入場者数は昨年をさらに上回り、2日間のべ54,167名だそうです!実際は両日参加の人も数多くいるのでこれより実質少ないと思われますが、それでもサンシャイン池袋で行われるイベントでは比較的大規模なイベントだった、といえるでしょう。ハラショーです!

 参加の感想を簡単に書いていきますね。以下目次です。

1日目

この日は会長と助役(私ですね)と、横浜支部長(別記事で触れます)が参加しました。

 物販

 朝4時20分ころに家を出て、始発電車で向かったもののすでに行列ができていました。結局物販会場に入れたのが10時40分。会計を済ませたのが11時45分ころと、延べ6時間にもわたり待機することになってしまいました。今度からは通販を利用したいですね...しかし、たまたま同じ列に並んでいた方々と交流を深めることができ、とても楽しい待ち時間でした!某リトルデーモンの方ありがとうございました。

でかスクフェス

物販会場を脱出した後は、丁度噴水広場にて開催されていたでかスクフェスを見学してきました。当初公式サイトで発表れていた曲以外にも様々な曲を楽しむことができ、コールを入れる方も充実したものとなりました。

また、15:30-16:30の回では、今度は1階から観戦。まるでライブ会場に来ているかのような熱気と、スクフェス感謝祭ならではの空気を楽しむことができました。ここで飛び入り参加が認められたため、私たち3人が「HEART to HEART!」で参戦してきました。いやあ..難しいですね。結果スコアはAを取ることができました。

また、今回のこのイベントを通して、改めて我々ラブライバーの曲に対する「コールの在り方」と「節度」を深く考えさせられることとなりました。でかスクフェスの件は、「家虎問題」を中心に再考することとします。

展示・特別出展

これまでのスクフェスカードや衣装、キャラのパネルに加え、Aqoursが使用している部室、等身大しいたけなど、ラブライブ!そのものを知ることができるよい機会でした。特別出店として沼津バーガーさんや伊豆箱根鉄道さんなどが出張所を設け、さながら西伊豆物産展の様相を呈していました。

2日目

この日は助役、横浜支部長に加え、東京支部長が加わりました。内容はほぼ被っているはずなので、全体閉会式の感想のみを載せます。

全体閉会式

Aqoursのメンバー9人が登場し、新情報(PDPなど)の発表が行われました。様々な企画が行われて感謝祭いちの盛り上がりを見せていたものの、明らかに治安が悪化している印象を受けました。というのも、キャストの注意を聞かないという、ラブライバー以前に人としての資質を問いたい人間が数多くいたからです。そんなことがありましたが、結局は楽しむことができたので結果オーライです。

今回のスクフェス感謝祭を通して、ラブライブ!並びにスクフェスをより深く理解でき思い出に残るイベントとなった反面、ファンとしての行動の在り方をもう一度考え直さなければならない状況になっていることを実感させられました。

 

おわりに・・・

今回書ききれなかったことは、改めて一つ一つ詳しく書いていく予定です。予定としてはこんな感じです。

 ①家虎・コール問題を再考する(「でかスクフェス」を通して)

 ②全体閉会式で思ったこと

 ③ラブライバーの行動

以上三点を中心に、改めて書いていけたらいいなと思っています。今回は以上です。

ps.写真どうしよう